ここから本文です。

共栄フードはダナン市に高品質なパン粉生産の工場を開設

 

9月29日、日本のパン粉トップブランドの共栄フードが100%出資したVINA FOODS KYOEI Co., Ltd. は、ダナン市の拡張ホアカイン工業団地で、工場の竣工式を行い、本格稼動を開始しました。

 

      当ダナン市工場は、ホーチミン市工場とともに、高品質なパン粉の生産を行い、月産400トンの体制を整え、国内市場ニーズに対応するだけでなく、オセアニア、欧米国向けに輸出することもあります。

      拡張ホアカイン工業団地の14.800m2土地で工場を建設し、投資額が750万USDであり、1ヵ月当たりえびフライ2000万本を作れるほどパン粉の生産を行います。

      同社は、2004年に、現地法人VINA FOODS KYOEI Co., Ltd.を設立し、ホーチミン市にベトナム初の工場を開設しました。昨年3月にダナン市事務所を設立しました。

      中部地域における社会経済の中心都市であるダナン市は、人口は100万人を突破し、1人当たりGDPも3,059ドルを達しました。労働者の質は高い、しかも人件費がホーチミン市の2分の1程度とされる。

     竣工式では、ダナン市人民委員会副委員長 HO KY MINH氏は、「工場の生産活動を安定的に行い、将来に生産を拡大するように、政府機関は全力でサポートします。」と述べました。(ドゥック)