ここから本文です。

2017年のダナン市における経済・社会の成長指数

 

ダナン市人民委員会は、2017年における経済・社会面での同市の成長について発表しました。

2017年のGDP総額は2660億ドル、GDP成長率は9%でした。今年ダナン市はベトナム国庫に10億2990万ドルを納めることができました。

GDP成長率を分野別で見ると、サービス業の成長率は+8.1%、工業・建設業は+7.9%、農林水産業は+3.7%となりました。ICT産業の売上げは、2016年より9%で成長し、9億2511万ドルに達しました。輸出額は、2016年比12.4%の伸びを記録しました。

労働需要は2016年より4.4%増でした。一方、都市の失業率は2016年と比べると、17.96%低下しました。

観光に関しては、2017年に訪れた観光客数は660万人を突破し、2016年より19%伸びました。このうち、外国人訪問者数は36.8%増の230万人に達しました。

また、ダナン市天然資源環境省によると、ダナン市の固形廃棄物は900-930トン/日で、2016年の780-800 トン/日を上回りました。しかし、ゴミ分別・リサイクルは全体の1-2%という状況です。

2017年1月1日から12月14日におけるFDIの新規登録ライセンスは103件で、登録投資額は1億1839万ドルに達し、2016年同時期と比較し152%増加しました。外国投資事業開始から2017年12月14日までの累計統計で見ると、外国投資件数は552件、累計投資額は30.43億ドルです。このうち、シンガポールからの投資額が8億2905万ドルで、トップになりました。第2位として日本が続き、これまでに6億2948万ドルをダナン市に投資しています。第3位と第4位は米国と韓国になります。