ここから本文です。

統計で見るダナン市の姿

ダナン市は北のハノイ、南のホーチミンに次ぎ、ベトナム中部最大の都市として、今日まで目覚ましい経済発展を遂げてきました。ハン川の河口に位置し、ベトナム東海岸を一望する港湾都市としての美しさは、国内外を問わず多くの人々を魅了します。ベトナム国内でもダナン市はその活発な経済成長やインフラ開発といった市政府の革新的な取り組みが評価されています。特に2017年にはAPEC首脳会議の主催地として選定されるなど、世界からも多くの脚光をあびる国際都市として、そのプレゼンスを確立しつつあります。

基本情報

面積  1,285km2
人口  1,141,125人
労働人口  581,400人
自然増加率  1.2%
毎年新入社員  29,936人
気候  熱帯モンスーン気候(年平均気温26.7℃)
時差  GMT+7時間(日本とは2時間差)
代表的な産業  観光、不動産、製造、ICTなど
 

主な経済指標

GRDP  47,3億米ドル
一人当たりのGDP  2019年度4,095米ドル
GDP産業比率  1次:2次:3次=2.1%: 35.3%: 62.6%
労働人口比率  73%
年間新規雇用者数  32,000人
輸出総額  16億2,300万米ドル
輸入総額  13億6500万米ドル
工業生産高  49,9億米ドル
サービス・小売総売上額  25,3億米ドル
 

tamnhin

Menu2_1

bieudo_sua

cosohatang