ここから本文です。

グローバルデザイン様の事例

想定より3ヶ月以上早く会社設立できました

北海道から沖縄まで120もの自治体を顧客に持つグローバルデザイン株式会社。
ビジネスはスピードとタイミングが重要という同社が、構想から短期間でベトナム子会社設立を実現した経緯とダナン市投資促進支援委員会(以下、IPAダナン)を利用した際の感想を伺った。

 

ICT

CEO_GDIT

代表取締役 白旗 保則様

logo_companyグローバルデザイン株式会社

日本で唯一の自治体専業のウェブ構築会社。アクセシビリティを考慮したサイトの構築を得意とする。外国からの観光客誘致を目的とした自治体観光サイト構築等も多数手がける。2016年3月にダナンに開発子会社を設立した。
(2017年4月取材)

Check!
  •   課題を解決するにはダナンが一番適していた
  •   「こんなこともしてくれるの」と感じる細かい対応
  •   IPAダナンのすばやい対応が当社のスピード感に一致

 

課題解決に最適だったダナン

 

―― 海外に進出しようと決めた経緯を教えてください。

白旗:これは国内のシステム開発会社共通の課題だと思いますが、日本においてはエンジニアの数が不足してきています。この課題を解決するために、海外でのオフショア開発を検討しました。タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどを視察し、国民性、人件費などから最終的にはベトナムに決めました。

 

―― なぜ、ベトナムの中からダナンを選ばれたのでしょうか?

白旗:拠点選択の基準として、人材供給、人件費、環境、行政側のサポート体制をポイントとしました。ハノイ、ホーチミン、ダナンを訪問しましたが、高等教育機関が整っていてハノイ、ホーチミンと比較すると人件費も安く、また行政側に日本語でサポートしてくれる窓口があったこともあり、ダナンに決めました。

 

  • 浄化槽部品積層

  • 大型浄化槽出荷

  • 20名を超えるエンジニアがダナンで開発にあたっている

 

―― ダナン市へのアプローチはどのように行ったのですか?

白旗:まずはネットで検索しました。ダナン市は、ダナン駐日代表部を銀座に開設していたので、まずは銀座の事務所に出向きました。

そこで、ダナン市の概要や進出した際のメリットなど一通りの話を聞くことができました。同時にIPAダナンを紹介して頂き、ダナン市のIPAダナンを訪問しました。 

 

政府機関ならではのスピード感と全面的なフォロー

 

―― ダナン市に最初に訪問しただけで進出を決めたと聞きましたが

白旗:はい。まずIPAダナンに訪問し人材供給、人件費、オフィス、設立までの手続きなど一通りの話を聞かせていただきました。すべて日本語で対応してもらえたことは大変心強いと思いました。オフィスについては、その日のうちにダナンソフトウェアパークの1室を紹介してもらいました。

 

―― IPAダナンには、様々なことを依頼したと聞きましたが

白旗:はい。なんでも相談したと言っても過言ではありません。先ほどお話ししたオフィスはもちろんのこと、市内の主要大学にも同行してもらい各担当教授との面談の場も設けてもらいました。驚いたのは、その後単独での大学内での企業説明会の場をセッティングしていただけたことです。ここまでフォローしてもらえるのかと感心しました。

ライセンス取得手続きもすべて行っていただき、当初の想定では半年程度を見込んでいたのですが、なんと実際には3ヶ月程度で取得できました。同様の民間のサービスに比べ安価かつ短期間で会社設立できましたので、大変満足しています。

 

―― 設立して1年が経過しましたが、現在の状況はいかがでしょうか?

白旗:現在の社員は数は日本人2名、ベトナム人21名の計23名ですので、当初の課題であった人材不足については一定の成果をあげていると思います。一方で開発スキルについては、これからという印象を持っています。例えば、高負荷がかかっても耐えられるプログラミングやセキュリティを考慮した設計など、日本では当たり前のことも教えないといけないのが現状です。

とはいえ、それに取り組むことが抱えている課題解決にとって早道だと思っていますので中長期的な視点に立ち取り組んでいくつもりです。

 

  • 浄化槽部品積層

    一周年記念パーティー

  • 大型浄化槽出荷

    日本語教育にも力を入れている

海外進出で重要になるなんでも相談できる相手

 

―― 最後にこれからダナンに進出を検討されている企業に対してアドバイスをお願い致します。

白旗:海外進出の場合、なにかと不安が大きいと思いますが、まずは早めに行動することが重要だと思います。また、同時になんでも相談できる相手を見つけることが何よりです。そのなんでも相談できる相手が弊社の場合はIPAダナンでした。ダナンに進出するのであれば、いい意味でうまくIPAダナンを利用することが大事だと思います。

 

グローバルデザイン様が利用したIPAダナンのサービス